楽しく生きる技術

楽しく生きるために必要なことは、生まれ持った資質なんかじゃなくて、楽しくするための技術だけ。人生をより良く生きる自分のための技術は、誰でも身につけることができる。元教師目線で、伝えます。

自分の人生を乗っ取られちゃいけない。

好きなことを仕事にしちゃいけないとか、
好きなことこそ仕事にするべき、とか
若いうちはとにかく働けとか
パフォーマンスを上げるためには残業するなとか。

 

f:id:yuko-evp:20170219151916j:plain


世の中には本当にたくさんの考え方があって、
そういう意見に翻弄されてしまいがち。

でも、どんな考えでも別に大丈夫。
正解なんて人の数だけあって、
ある一つの意見がばっちりハマる人もいて、
それが大多数である場合、それが正義に見えてしまうけれど。

そんなのは時代や国やタイミングでどうとでも変わる。


大事なのは、
根拠のない自信を持つこと。


「これができるから大丈夫」
「これをやったから大丈夫」

と、何かに頼った自信はそれがなくなってしまうと
自信も消滅してしまう。


だから、
「根拠はないけど、わたしは大丈夫」という
根拠の何ひとつない自信が大事。


それさえあれば、どんな状況になっても
生きていける。
東京だろうが、地方だろうが、アメリカだろうが。

どこにいたって元気でいられる自分になる。

 

その自信をもつためにできること

これ、きっと、おそらく絶対なんですけど
栄養を摂って規則正しく生活することです。


当たり前!
当たり前なんだけど、できてますか?

3食食べるかどうかとか、睡眠時間の長さは
人によって適切なことが違います。

どんなやり方であれ、それを毎日積み上げられるか、が重要。

 

わたしは以前はしょっちゅうお風呂にも入らずソファで寝落ちしてしまって、
早朝にはっと目覚めて慌ててシャワーを浴びて、またすぐ出かける、とか
コンビニのものとか甘いものばかり食べてたりとか。

そういう時期は、総じて心もすごく不安定でした。
すぐ泣き出してたし、ネガティブになってた。

というか、先に心が不安定になっていたから
行動にそれが表れていたのだと思う。


意識して食事のバランスを整えて(マゴワヤサシイね)
無理やりにでも夜お風呂に入ってパジャマに着替えて寝ていたら
心も安定した。

 

毎日のリズムをつくり、それを積み上げていくことで
心もしっかりと積み上がる。
多少の風ではびくともしないみっちり詰まった心になる。

 

 

まとめです。

①根拠のない自信をつけよう
②そのために規則正しい生活をしよう


元気に生きよう!