読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きる技術

楽しく生きるために必要なことは、生まれ持った資質なんかじゃなくて、楽しくするための技術だけ。人生をより良く生きる自分のための技術は、誰でも身につけることができる。元教師目線で、伝えます。

【しごと】「時間がなくてできない」ことは興味がないだけ。本当に好きなことには勝手に時間をつくるよ。

仕事を楽しくする 日常を楽しくする

 

本当に「時間がない」のかな。

 

大人になるにつれて、

使えるお金は増えるけれど、使える時間が減って行く、と

いうのは悩み。

 

 

夏休みや冬休みはそんなに長期で取れないし、

平日の夜は仕事で疲れていて、

なんにもできない。

 

1日が40時間くらいあれば・・・。

と、切実に思う時期もある。

 

けれど、たぶん、

今できていないことは、1日が40時間になってもできない。

 

 

逆に、本当にやりたいことならば、

1日が10時間になっても、きっとやる。

 

ドラマが大好きで、ただそれだけで。

 

わたし、ドラマを観るのがとても好きなんです。

テレビドラマね。

高校時代から常に観ていて。

高校や大学には周囲もみんな見ていたから

ドラマの話はすごく盛り上がったのだけど、

社会人になるとみんなテレビ離れして、

ドラマなんてなにも観てないっていう人が増えて、

 

世間的にも、

日本のドラマはもうダメだ、とか

最近のドラマはつまらない、とか聞くけれど

わたしは、ずーっと観ています。

 

毎クール、始まる前に面白そうなものをチェックして、

始まったら気になるドラマは第1話を観て、続行か判断。

その他にももしかしたら見逃しているドラマがあるかもしれないから、

ネットで評判を検索して、

そこから気になるドラマを追加して見ます。

リアルタイムで見ることはほとんどないのだけれど、

今はテレビの録画機能も充実しているし、

1週間分振り返って観ることもできる。

それと最近は、結構な数のドラマが、

インターネットで1週間無料視聴できてしまう。

それらを駆使すれば、どの時間帯でも観ることはできる。

そして、軽く観る事のできるドラマなら朝の支度の時に流しているし

じっくり観たいドラマは週末の夜やお休みの日の午前中に

甘いものと一緒に楽しみながら観たりする。

サスペンス系は夜には観られないし、朝に観るのも重たいので

平日の夜、あまり遅すぎない時間帯に観たりする。

 

 

好きなら勝手に時間をつくるよ。

f:id:yuko-evp:20161010090118j:plain

わたし、ドラマが好きなんだなぁと、改めて思ってしまった。

暇なときもどんなに忙しい時も、

かかさずドラマは観続けている。

時間がないから、なんて言い訳することも諦めることもない。

 

 

本当に好きなことならば、

人はなんとかしようとするものなんだな、と思う。

 

逆に言えば、なんであれずっと続いているものは

自分が本当に好きなことなんだな、と思う。

 

無理に情熱を注ごうとしなくても勝手に注がれてしまうし、

無理に時間を捻出しようとしなくても

勝手に時間をつくってしまう。

 

勝手にわくわくしてしまうし、勝手に工夫してしまう。

 

それがなにかは、人によるのだろうけれど

勝手にそうなってしまう状態の物事を、

「これが自分の好きなことなんだ」

と、改めて認識し、さらに突き詰めてみる。

それがどんなことであれ、

なにかに特化していることは、とても魅力的。

 

そして、なんならそれをお金に換えることはできないかな、と

考えてみるのも良いし。

もちろんそのためには、さらなる工夫がいると思うけど。

 

どんな形であれ関わっていたい好きなことに、

関わる時間も関わる角度も増やしていけたら

すごく楽しい日々になる。