読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きる技術

楽しく生きるために必要なことは、生まれ持った資質なんかじゃなくて、楽しくするための技術だけ。人生をより良く生きる自分のための技術は、誰でも身につけることができる。元教師目線で、伝えます。

サウジアラビアのビザ申請がとても面倒だったので記録します。

最近仕事の関係でサウジアラビアのビザを申請したのだけど

それが本当に面倒だったので記録しておくことにします。

 

だって本当に面倒だったんだよ!!

(二度目)

f:id:yuko-evp:20170315223135j:plain

↑これはサウジアラビアではないです。

 

前提条件

・仕事、もしくは駐在のための家族ビザのみ

一時期はどうやら観光目的で入国できたようだけど、2017年3月現在はダメです。

・現地にスポンサーがいること。

スポンサー=身元保証人のこと。訪問する相手(会社)が明確じゃないとダメ。

 

申請に必要なもの

①パスポート(有効期限6ヶ月以上)

②証明写真2枚(縦5cm×横4cm・背景白・眼鏡ダメ)

③英文旅程表

④英文ビザ申請書

⑤ビザセンター予約表

⑥英文会社推薦状(これが特に面倒でした。後述します。)

⑦招聘状か渡航許可番号

 

 

①から③は大丈夫。

④⑤はビザセンターのサイトでもらいます。

⑥は一番面倒。

⑦も面倒かもしれない。

 

少し詳しく説明します!

 

ビザ申請先

 

サウジアラビアのビザ申請は、ビザサービスセンター(VFS)が業務委託されているので

そこで取ります。

 

サウジアラビア ビザサービスセンター(東京)
VFS Tasheel International Tokyo Branch

https://www.vfstasheel.com

〒108-0014 東京都港区芝4-9-3 芝石井ビル6F

申請時間:月曜日~金曜日 09:00~13:00

*要予約、本人申請*

 

予約が必要で、さらに代理人は不可!!

なぜなら指紋を取るからです。

受け取りは郵送も可能だけど、申請だけは絶対に本人が行かないとだめ。

 

ここからは、実際にわたしが手配した順番通りに。

①招聘状か渡航許可番号の取得

 

A:サウジアラビア商工会議所認証印およびサウジアラビア外務省の認可を得た Electrical invitation letter

B:サウジアラビア外務省発行の数字10桁の許可番号通知書

 

のどちらかが必要で、いずれにしても現地のスポンサー会社がサウジアラビア外務省のHPから取得。

今回、わたしはここに関してはとても楽ちんで、間に入ってた方がすぐ送ってくれました。

なので、役に立ちません。

これ用意してもらうだけども時間かかるので、

訪問が決まったら即!連絡しましょう。 

②ビザサービスセンターのサイトで申請書と推薦状見本をもらう。

info.savscjp@vfstasheel.com

「ビザ申請したいので、申請書・申請書見本・推薦状見本ください」

とメールすると、

それらがメールで送られてきます。

申請書については、もらったらダウンロードして、

見本の通りに書けばオッケー。

そんなに難しくない。

 

問題は推薦状。

内容自体は、会社名とか色々変えて見本の通りに作成するだけなのですが、

その前にやることがあるんです。

 

③英文会社推薦状の用意

この書類を作るのに、商工会議所のサイン証明が必要なんです。

で、そのサイン証明を取得するために貿易登録カードが必要なんです。

さらに貿易登録カードを作るために、印鑑証明と登記簿謄本が必要なんです。

 

冒頭で一番面倒だった、と書いた理由はそこで、

推薦状を用意するためだけに3つもハードルがあるという・・・。

商工会議所によって取得の流れは違うらしいので、管轄の商工会議所に確認しましょう。

 

ただ、商工会議所の方はとてもとてもとても親切で、

3日後に英文推薦状が欲しい、という注文にも親切丁寧に対応してくれて、間に合わせてくれました。

間違えがないようにと添削までしてくれたからね。

神・・・。

  

④センターの予約 

書類がそろう目処が立ったので、ビザセンターに予約を入れます。

これもサイトから予約します。

予約語にメールで予約表が送られてきます。

 

証明写真に気をつけて!!

証明写真ならなんでも良いってわけじゃなくて、

・縦5cm×横4cm

・背景は白

・メガネはだめ

などの条件があります。

この背景が白っていうのが特に曲者で、機械によっては青とかグレーしか撮れない。

「kirei」という機械が背景の色選べるよ。

キレイなスピード写真|証明写真機Ki-Re-i|株式会社DNPフォトイメージングジャパン

(ちなみにこの機械は証明写真の中では一番盛れると思う)

 

⑤事前確認へ

あとは予約した時間に本人が必要書類持って行けばいいんだけど、

結構待つ時もあるらしい。

なのでもし時間に余裕があるなら、事前に必要書類を持って行っておくといいです。(これは本人じゃなくても大丈夫)

そうすると、本人が申請する時にスムーズ。

わたしは事前に行ったけれど、写真を忘れてしまって

「写真があったらもっとスムーズだったよ。」

と言われました。

事前確認は午後に行きましょう。

午前中は申請者で混んでいるみたいです。

14時から16時の間が良いらしい。(メールで聞いた) 

いざ本人が申請へ!

ここまで来たら、後は本人が申請に行くだけです。

受け取りは取りに行くか郵送かで選べますが、

センター受け取りも混んでるとすごい待たされるから、

郵送がいいよって言ってた。

 

申請料金の支払いは現金のみです!

  

 

以上、終了。

 

いやー本当に面倒でした・・・。

とにかく必要書類の用意が煩雑!

航空券の手配などを旅行会社に依頼してる場合、

その会社の代行サービスもあるらしい。

あと、独自に代行業務をしている会社もあるけれど

1万くらいして高いから、自分でやった方が良いなと思った。

どっちにしろ商工会議所関係は自分で行かなきゃいけないしね。

 

 

仕事で行く事が決まったら、とにかく早め早めに手配することをおすすめします。

頑張って!!