読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きる技術

楽しく生きるために必要なことは、生まれ持った資質なんかじゃなくて、楽しくするための技術だけ。人生をより良く生きる自分のための技術は、誰でも身につけることができる。元教師目線で、伝えます。

音楽と思い出の蜜月関係

日常を楽しくする

ある曲を聴くと、その曲を聴いていた当時の風景が
ばーっと目の前に浮かぶことがある。
景色だけではなくて、その時に感じていた思いや感覚までも呼び起こす。

ミスチルの「HANABI」を聴くと、池袋から高田馬場まで歩いて会社に通っていた時の、あの坂道が目に浮かぶ。
旅先でなぜかハマって歌ったhiroの「tresure」は、ハワイのビーチまで続く小道の景色と共に、海の匂いまでしてくるんだ。

 

それが起こったのがまさに今日。

友達の結婚式に出席したところ、「君の名は」で使われている

RADWIMPSの曲がこれでもかとばかりに要所要所で使われていたのだ。

 

そうしたら、もういてもたってもいられなくなってしまって、

帰りに1人でレイトショーを観てしまった。

 

わたしは、映画好きというわけではなく、

むしろ、そんなに映画は観る方ではないけれど、

シンゴジラ」をきっかけに、映画気分が盛り上がったこともあって、

「君の名は」は1週間前に観に行っていた。

とても良かったし、泣いたのだけど、

2回目観るなら断然「シンゴジラ」」だなぁと思ってた。

何度も観ている人がたくさんいることに、疑問すら抱いていた。

 

そんなドライな感想しか持っていなかったわたしが、

なぜ映画館に足を運んでしまったかというと、

それはもうRADWIMPSのせいだ。

聴覚的なサブミリナルでも仕込まれているのかっていうくらいに、

あれらの曲を聞いて、映画の記憶が自分の中に蘇ってきたのだ。

曲名もよくわからないし、どういう曲だとかはっきり覚えてないのに、

こんなにも人の記憶を刺激する。