読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きる技術

楽しく生きるために必要なことは、生まれ持った資質なんかじゃなくて、楽しくするための技術だけ。人生をより良く生きる自分のための技術は、誰でも身につけることができる。元教師目線で、伝えます。

【しごと】向く向かないの前に本当にやりきっているのか疑問だ。

仕事を楽しくする

自分に向いていること。

自分に向いていないこと。

 

絶対にある。

それはあると思う。

 

けれど、向く向かないがわかるほどに経験を積んだのかな、ということに

はたと気付くのだ。

 

経験の力は偉大

 

どんなことであれ、

経験を積めばそれなりにできてくる。

時間を積み重ねることでできるようになることは

山のようにある。

それが好きか嫌いかどうかは

その後の判断。

順番が違っている場合、

判断を謝る場合もある。

 

 

 

とにかく全力で、100%の力をもってやりきる。

 

今。

目の前の仕事を100%全力でやっているか。

松下幸之助(最近の心の師匠)は

こんなことを言っています。

 

 

仕事というものは勝負である。

一刻一瞬が勝負である。

だがお互いに勝負する気迫をもって

日々の仕事を進めているかどうか。

(中略)

きょうはきのうのくりかえし、あすもまた同じで、

別段とくに変わったこともなし。

しかし、これではいい知恵はうかばない。

創意も生まれなければ、くふうも生まれない。

そして何の緊張もないかわりに、

何の喜びもないということになる。

 

ほんの少しかじっただけで、

どれほどのことができるのか。

ほんの少しやってみただけで

楽しさがわかるのか。

ほんの少しやってみただけで

向き不向きを判断するのか。

 

まずは100%の力で臨む。

話はそれから。

 

今やっている仕事が

事務処理であれ、営業であれ、販売であれ。

 

きのうとはちがうきょうにするために、

少しの工夫をしてみよう。

なにかが大きく変わらなくてもいい。

でも、そのほんの少しのくふうが、

なにかが大きく変わるきっかけになるんだ。

 

 

別に3ヶ月で会社を辞めてもいい。

でも、それは3ヶ月間でとことんやりきった上での話。

知恵をしぼってくふうして、

寝る間を惜しんで没頭する。

そこまでやりきったのなら

あとは好きに判断して良いのじゃないかな。