読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きる技術

楽しく生きるために必要なことは、生まれ持った資質なんかじゃなくて、楽しくするための技術だけ。人生をより良く生きる自分のための技術は、誰でも身につけることができる。元教師目線で、伝えます。

【エッセイ的な】人生も生活も丸ごと覗き見されてしまうもの2トップ。

 

人に心の中が透けて見えてしまうことほど、

恥ずかしいことはない。

もしかしたら自分は”サトラレ”かも、と

考えてしまうことがしばしばある。

本棚は人生そのもの。

f:id:yuko-evp:20160925204433j:plain

 

 

今自分が選ぶ本は、今の自分の鏡なんです。

ちょっとモチベーション上げて自分を奮い立たせたいっていう時には

自己啓発系の本を選ぶし、

仕事に没頭している時には

今日からすぐに取り入れられるビジネスノウハウ本を選ぶし、

疲れていてあまり頭を使わずに逃避したい時には

恋愛系のゆるい小説を選ぶ。

 

さらに、一言に「恋愛小説」と言っても

アラサー女子が恋愛でドロドロしている系のものばかりだったり

本当に軽くふわっと読めてしまう系のものだったり

その選択もその時の気分に本当に忠実。

 

最近読んだ本のラインナップで、

自分のことがよくよく分かってしまう。

 

 

と、いうことは。

本棚を見られるのは、自分の心の中を覗かれるのと同じなんです。

透け過ぎ。

そんなの恥ずかしいにも程がある。

友達にも家族にも、ましてや彼氏にすら、

見られたくない心の中もあるんです。

 

フェイク本棚をつくる

 

そんなわたしの対策法は、フェイク本棚。

一番見えるところに本はずらりと並べます。

そこは、「理想の心の中」を演出した本だけ並べます。

古典的な名作。

綺麗な写真集。

可愛いカバーの小説。

 

その他の

「○○になる30の方法」とか

「これであなたも○○!」なんていうガツガツとした本達は

見えない場所へ。

大体、それらってあまり読み返すこともないので

しまいこんでもそこまで困らない。

なんなら、すぐに売ります。

 

もう、エロ本と同じ扱いです。

 

 

電子書籍だと全て解決

 

電子書籍を利用するようになってから、

これらの悩みが格段に減りました。

ガツガツしたビジネス書やノウハウ本を電子書籍で買うようになったから。

手元に置いておきたい、

視界に入っていても心地よい見た目のものだけ

紙の本で買います。

雑誌は、定期的にTSUTAYA行って読むので買いません。

ぺらぺらめくりたい雑誌は

あまり電子書籍向きではないなと思うから。

 

また電子書籍だと

電車やカフェの中で読んでも背表紙とかカバーを見られずに済むから

とっても助かる。

 

iPadで読んでるんだけど

そろそろKindle端末の購入し時かも。

 

 

買い物かごは生活の全て

 

本棚と同じく心を覗き見されるものは、買い物かご。

生活が丸裸になる。

f:id:yuko-evp:20160925204715j:plain

 

 

野菜とかフルーツたくさんのかごを持った女性。

お徳用のお菓子とか大ボトルの調味料を買っている女性。

鶏・豚・牛などの色々な種類のお肉や野菜をたっぷり買い込んでいる女性。

クックDoとかレトルトのものが多めな女性。

 

さらに言うなら、

スーパーで買うのか、コンビニで買うのか、成城石井で買うのか。

 

一度も話さなくても

その人の嗜好・状況・なんなら家族構成。

それら一瞬でわかってしまう。

 

こわすぎませんか。

ていうかやっぱり恥ずかしすぎる。

 

生活している以上、買い物は絶対にしなきゃいけないから

避けて通るのは無理だけれど。

そのうち、Amazonパントリーとか使い始めてしまいそう。

 

本棚と買い物かご。

なにげない日常のものだからこそ、

自分自身の状態も無意識に全てさらけ出されます。