読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きる技術

楽しく生きるために必要なことは、生まれ持った資質なんかじゃなくて、楽しくするための技術だけ。人生をより良く生きる自分のための技術は、誰でも身につけることができる。元教師目線で、伝えます。

【旅行】新島でなにもしない3日間

旅を楽しくする

新島在住の友達がいるため、去年も今年も新島へ。

 

去年は初めてだったし夏だったし、

海に入ったり、展望台に行ったり、24時間の温泉に浸かったり。

結構色々とできたのだけど、

今年は天気のせいもあって、

なにもしない旅行だった。

 

「なにもしない」って東京だと本当に難しくて、

 

 

わたしは常に何かしているし、

何かをしながら何かをしている。

ドラマを見ながらスマホをいじっているし

お風呂に入りながら本を読んでいるし

パンを食べながらネットをしている。

 

なにもしていない時間はないし、

同時に2つ以上のことをしないとそわそわすらしてしまう。

 

インプットしているか、

アウトプットしているか。

どちらか常にしていないと、無駄な時間を過ごしているように思えてしまう。

 

 

今回の新島では、強制的になにもしなかった。

本は2冊もっていったけれど開いてない。

スマホはちょこちょこと見ていたけれど。

ブログを書いたりもしていない。

(3日書かないと書くリズムがわからなくなることに気付いた)

なにかをノートに書き出したりもしない。

 

朝ご飯食べて、

どこ行く?うーん・・・とか言いながら

メインストリート(一瞬で終わる。)歩いたり、

砂浜に座ってみたり。

昼ご飯食べて、ご飯を食べたらやっぱりコーヒーが飲みたいから

喫茶店に行って。

ぷらぷらして、夜は魚や焼き鳥で飲んで、

友達の演奏するウクレレを聞いてウトウトする。

そんなに大はしゃぎしない花火をやって、

宿に帰って、家族風呂の広さのお風呂にみんなで入って、寝る。

朝が来て、またご飯を食べてコーヒーを飲んで。

東京じゃほぼ行かないカラオケとボーリングに行く。

そこもナントカ会館の中にあって、

子供達や赤ちゃん連れのお母さんも遊んでいる児童館みたいなところ。

デザートを賭けてボーリングをして、

意外と盛り上がりを見せて勝負が決する。

遅めのランチに入ったお店は、女性が2人で切り盛りしていて、

お昼時でばたばたしていたせいか、

時間がかかったけれど、パスタもケーキもとても美味しくて

働いている方達がフランクで嬉しくなった。

島で1軒しかないパン屋に行ったけれど、

ほぼ売り切れていたのでレーズン食パンだけ買う。

朝からたくさん人が来るらしい。

大島にも利島にもパン屋さんはないから、

島の外からも注文が入るのだって。

ビジネスチャンス?

 

 

でも考えてみたら、写真は撮ってしまってたし、

島でお金をつくる方法いっぱいある、とか考えてしまっていた。

 

「なにもしない」って難しい。