楽しく生きる技術

楽しく生きるために必要なことは、生まれ持った資質なんかじゃなくて、楽しくするための技術だけ。人生をより良く生きる自分のための技術は、誰でも身につけることができる。元教師目線で、伝えます。

【こころ】疲れた時には生産活動をしよう。

なんだかぐったり・・・。

 

月曜日だからなのか、仕事の内容によるものなのか。

 

f:id:yuko-evp:20160912192928j:plain

なぜ仕事をしているだけで疲れてしまうのか

 

 

そもそも人が疲れるのは

意思決定をするから、だそうなんです。

仕事が終わった時の疲労感。

特に激しい運動をしたわけではないのに、ぐったりしますよね。

あれは一日中意思決定しているから疲れているみたい。

 

生活していたら、意識していてもしていなくても

意思決定の連続です。

何時に起きるのか。

朝ご飯になにを食べるか。

何を着るのか。

髪型、メイクは?

コンビニでどの飲み物買うか。

メールの書き出しはどうする?

仕事でわからないことはどのタイミングで聞く?

昼ごはんは誰と食べる?

どこで?なにを?

 

内容の大小に関わらず、人は意思決定することで消費します。

スティーブジョブズは、仕事上での意思決定力を上げるために、

毎日同じ洋服を身につけていました。

他にも同じパターンの洋服しか着ない人はいるけれど、

つまり重要な事に意思決定力を集中させたいからですね。

決してズボラなわけではない。

 

買い物をした日って、別に辛い事もしていないのに

なんだかすごく疲れて頭がぼーっとします。

何を買うかで相当意思決定力使っていますからね。

そう考えれば当たり前。

 

 

 

消費ではなく、なにかを生み出すこと

f:id:yuko-evp:20160912193046j:plain

人は日々消費をします。

何かを食べたり飲んだり買ったり。

消費活動だけしかしていないと本当に疲れるんです。

そこで、疲れた時は生産活動をしてみると良いです。

 

わたし、今日は本当は買い物に行こうと思っていたんですね。

でも仕事で疲れ、これ以上消費したくないな、と思って

文章を生産することにしました。

(つまりこれ書いている)

 

文章が出てくる出てくる。

あぁ。わたしはなにかを生み出したかったんだな、と痛感。

よく夜中にもくもくと料理をしたりとか

編み物をしたりとかっていう人がいるけれど、

とにかく何かを生産したいんですよね。

気持ち、すごくわかる。

 

 

疲れている時はなにかを生産。

これ、おすすめです。

本当になんでも良いのです。

料理を作っても

編み物をしても

文章を書いても

パズルをしても

工作をしても

 

それだけで、一日の消費疲れは癒されるんです。