読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きる技術

楽しく生きるために必要なことは、生まれ持った資質なんかじゃなくて、楽しくするための技術だけ。人生をより良く生きる自分のための技術は、誰でも身につけることができる。元教師目線で、伝えます。

【ドラマ】「せいせいするほど愛してる」恥ずかしくて見られないあのシーン。

共感性羞恥

先日、こんな記事を読みました。

 

togetter.com

 

まじわかるこれ!!

 

 

見られないほどではないけれど、

そのシーンがあることがわかっていたら、

その場面が近づくまでドキドキして、

いざそのシーンになったら

目をつぶってやり過ごします。

 

ドッキリとかモニタリングにはなんとも思わないのだけれど、

ドラマ!

ドラマがダメなのだ。

 

そして、この「共感性羞恥」という言葉を説明するためのドラマか、と

思うほどに良きタイミングだったドラマ。

 

「せいせいするほど愛してる」

タッキーが1人でこっそりやっていたエアギターが、武井咲にバレるのです。

予告見て、バレるのはわかっていたんです。

だからもう、いつ来るかそわそわそわそわ・・・。

 

 

そして。

きた。

 

 

f:id:yuko-evp:20160831204745j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だめです。

この画像ですら、見るのがきつい!

恥ずかしすぎる!!

 

 

今日、わたしも書きかけのブログを、

ネタにしている当人に見られる

という失態を犯しました。

正確に言うとまだ見られたかわからないのだけれど。

5分5分です。

 

もう、恥ずかしすぎて

その後独り言が止まりませんでした。

何かしていないと落ち着かなくて、

キャベツをぱりぱりぱりぱりひたすら食べていました。

 

いつもなら、見られるようなことはまずないのです。

それが今日に限って、

色々なことが重なって。

大抵何か起きる時って、

普段あまりない小さな出来事が積み重なって起こるんですよね。

 

 

あぁ恥ずかしい。

 

「見られたものはしょうがない」

と無理矢理開き直ってみるけれど、

開き直りきれない自分がいるのです。

 

ドラマの中のタッキーのように、

「コーヒー飲むか?」

と、何事もなかったかのように振る舞いたい。

 

そしてできるなら、武井咲ちゃんのように

「今のなんですか?」

「指差すところとかかっこよかったですよー!」

と、笑いながら可愛く突っ込まれたい。

 

 

f:id:yuko-evp:20160831205915j:plain