読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きる技術

楽しく生きるために必要なことは、生まれ持った資質なんかじゃなくて、楽しくするための技術だけ。人生をより良く生きる自分のための技術は、誰でも身につけることができる。元教師目線で、伝えます。

【しごと】30歳で教師を辞めて実感した教師の最大の弱点。

 

小学校の教師でした。

f:id:yuko-evp:20160831195425j:plain

辞めた理由にネガティブな要素は1つもありません。

 

もっと自分自身の生きる力を身につけたいと思ったことと、

今の会社がサバイバルで面白そうだと思ったから。

 

「教師辞めるなんてもったいない!」

と、ほとんどの人に言われました。

もちろん家族も含めて。

 

でも、もったいないなんて思っていません。

 

教師はとっても楽しい仕事です。

色々大変な事はあるかもしれないけれど、

予想のつかない行動しかしない子供達と一緒に過ごす日々は

本当〜〜〜に面白かった!

 

今の会社は小さな会社です。

での世の中を変えようとする理念が、

わたしはすごく好きなのです。

そして小さいからこそ、できることをどんどん増やしていける。

自分で仕事をつくりだせる人になりたい。

 

そんな希望をもって転職しました。

 

 

ミスを連発して気付いた社会の仕組み

 

転職して初めて実感したことがあったのです。

それは

「わたしはこんなに何もできない人間だったんだ」

ということ。

 

日々ミスの連発。

忘れる。

うっかりしている。

間違える。

もうミスというミスをしまくっています。

 

1つの小さなミスで色々な人に迷惑がかかり、

ひいてはお金の損失にもつながってしまう。

それを知って、

・・・え!?

と思いました。

 

これ、社会人なら当たり前の感覚なんですよね?

わたしは、今まで一度もそんなこと考えたこともなかったんです。

 

世間知らずと言えばそうなのだけど、

教師の世界にそんな話は無縁だったんです。

 

教師の弱点はお金

f:id:yuko-evp:20160831201821j:plain

そう。

教師はとてつもなく金銭感覚に欠けています。

 

わたしは正直、教師時代よりお給料が下がっています。

けれど、そのお給料に見合うだけの仕事ができているか、と言ったら

できていません。

それだけのお金をもらうために、それ以上のお金を得るために

どれだけのことを生み出せばいいんだ、と

お金を稼ぐことの難しさが身に沁みました。

 

 

どれだけ頑張ったか、ではない。

価値を生み出せたかどうか。

その成果が全てなのです。

 

仕事というのは、ミスをしなかったらお金がもらえるのではないです。

価値を生み出して、その対価として支払われるべきものなんです。

 

今まで、そんなこと意識したことがなかった。

自分が価値を生み出しているかどうかなんて、

考えた事がなかった。

 

言い訳になってしまうかもしれないけれど、

教師の仕事はお金を意識する意味がありません。

どれだけ良いクラスか、なんて点数で計れるものではないから。

どれだけ良い授業をしたか、なんて評価には反映されないから。

逆に言えば、どれだけクラスが荒れていても

どれだけ手を抜いた授業をしても

お給料は変わらないんです。

 

 

わたしは、まだまだまだまだまだ未熟で、

「生み出す」ことができていない。

他の人が生み出した価値にのっかっているだけ。

 

 

でも。

絶対に、今もらっているお金分の価値を生み出したいし。

というかそれ以上にもっともっと価値をつくりたいんだ。

自分がつくったこと仕事に対してお金を支払われるようになる。

 

教師を辞めたわたしの、今の野望です。