読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きる技術

楽しく生きるために必要なことは、生まれ持った資質なんかじゃなくて、楽しくするための技術だけ。人生をより良く生きる自分のための技術は、誰でも身につけることができる。元教師目線で、伝えます。

【ドラマ】テレビドラマから学ぶことがありすぎる。

ドラマが好き。

 

f:id:yuko-evp:20160830002552j:plain

わたし、とにかくドラマをよく見る。

 

ほぼ毎日なにかしら見ているし、

テレビ情報雑誌こそ買わないけれど、

次のクールのドラマ情報は絶対チェックする。

 

ほぼ日の

「連ドラチェック」とか大好きで、

あやちゃん(ほぼ日のスタッフ。ドラマに関する知識が尋常じゃない)を

尊敬している。

 

 

「最近のドラマはイマイチ」

「昔のドラマの方がおもしろかった」

などよく聞かれますが、

そんなことはないのです。

 

大体、上の年代の方が昔の方が良かったって言うのは当たり前で、

それは感性も若かったから。

若い世代向けに作られたものを、

今の感性で十分に受け止めきれるかって言ったら

それは難しい。

 

 

 

プロが集まってつくっているもの

 

なんでもそうだけれど、1つのものを作り上げる時には

それぞれの分野のプロが集まっています。

ドラマだったら

演技のプロ

音声のプロ

カメラのプロ

台本を書くプロ

演出をするプロ

 

他にも制作チームの人達が、スケジュール調整したり

ロケの交渉したり、膨大な数の人が関わって、つくってる。

 

自分の仕事に誇りもってやってるでしょう。

全員じゃなくても。

 

プロが作ったんだから、何かしら絶対に得るものがあるでしょう。

 

 

どんなドラマでも学ぶことが絶対にある。

f:id:yuko-evp:20160830002654j:plain

 

わたしが見るのは、基本的に

恋愛ものとか、気軽に見られるものが多い。

警察や医療ものはあまり見ない。

あと怖いものも。

 

でも、わけあって、今期は

「ON 異常犯罪捜査官藤堂比奈子」を毎週見なくてはいけなくなってしまった。

これ、1話目から結構エグくて、

「苦手なやつだ・・・」となったし、普段だったら絶対に見ないドラマ。

けれど毎回絶対見るしかないから、見続けていたんです。

そうしたら、

えぐいのは毎回そんなに変わらないんだけど、

テーマが結構考えさせられるんです。

 

「異常と常識の境目とは何か」

とか。

 

もちろんドラマの中では、それがテーマだ、なんて出てこないし、

もしかしたら全然別の事がテーマだったかもしれない。

 

けれどわたしはそのドラマを見て、

「異常と常識の境目」について、深く考えたんです。

 

きっと受け取り手によって、

考えることは全く違うだろうなと思う。

 

それがドラマの楽しさだな、と思うのです。

 

「なんだこのドラマ」と思って観ていたら、

もうそれ以上でも以下でもないけれど、

「このドラマで何が言いたいのかな」

と考えてみると、結構学ぶことがあったりします。

 

 

好きで見続けているだけだけれど、

新たな楽しみ方を発見して、ドラマを見るのがさらに面白くなった。

 

みんなもっと見ればいいのに。