楽しく生きる技術

楽しく生きるために必要なことは、生まれ持った資質なんかじゃなくて、楽しくするための技術だけ。人生をより良く生きる自分のための技術は、誰でも身につけることができる。元教師目線で、伝えます。

【好き】わたしがスタバを選ぶ理由。

 

数多くのお店がある中、スタバを選ぶ理由

f:id:yuko-evp:20160828130432j:plain

 

鎌倉には素敵なお店がたくさんあります。

 

おしゃれなランチができる可愛いカフェ。

雰囲気の良いレストランバー。

コーヒーがおいしいこじんまりとしたお店。

 

どれも素敵だし、友達や恋人と行きたいし、インスタに上げたくなる。

 

でも、わたしが一番行くのはどこかというと、

スタバです。

f:id:yuko-evp:20160828124739j:plain

 

仕事に行く前、休日にパソコン作業したい時、

これからのことじっくり思いを巡らせたいなっていう時。

 

選ぶのは、スタバなんです。

 

今やどこにでもあるし、特別なお店ではないです。

けれど、多くの仕事人達がMac持ってスタバに行くのは、

やっぱり理由があるんです。

 

Wi-Fiと電源があるという理由以外で)

 

 

放っておいてくれる安心感

 

鹿児島の田舎の方へ3週間弱行っていた時に、

その地域の地域起こし協力隊の方達とご飯に行ったんです。

そうしたら、

「1人になりたい時はジョイフルに行く」

って言うんです。

(ジョイフルは九州中心にチェーン展開しているファミレス)

 

その心は、

「他のお店だと知り合いに会っちゃうから」

 

こじんまりとした地域で、しかも地域起こし協力隊として精力的に活動している彼らは

お店の人とはほとんど知り合い。

距離感がとても近いんです。

 

そういうの、東京近郊にしか住んだことのないわたしにしてみると憧れます。

顔馴染みの店主とその奥さんが経営しているようなカフェで

時折談笑しながらゆったりコーヒーを飲む。

みたいな。

 

でも、放っておいて欲しい時ってある。

誰にも構われずに、知らない人しかいない中で

ぼーっとしたい時もある。

 

 

わたしがスタバに一番行く理由は、そこです。

知らない人だらけの中で1人になって、目の前の事だけに集中できる。

 

これがこじんまりしたお店とかだと、

イマイチ没頭できません。

周囲のこととかどうしても気になってしまう。

 

知り合いのお店に行ったりとか、

顔馴染みの人がいるお店に行く安心感や楽しさ。

それと真逆の、ちょっと冷たいかもしれないけれど

放っておいてくれる心地よさ。

 

 

多くの人が勉強したりパソコンしたりするのにスタバを選ぶのは、

没頭できる空間というのも、大きな理由だと思います。