読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きる技術

楽しく生きるために必要なことは、生まれ持った資質なんかじゃなくて、楽しくするための技術だけ。人生をより良く生きる自分のための技術は、誰でも身につけることができる。元教師目線で、伝えます。

【からだ】なにを食べるか決めるのは自分の身体!

好きな身体になる

 

いつ死ぬかわからないからいい加減なものは食いたくない

 

「侠飯〜おとこめし〜」というドラマ。

 

組長さんが毎回見事な手際で料理をするのだけれど、

材料はなんてことないものなのだ。

家庭に結構あるな、というものだったり、スーパーで普通に買えるもの。

特別な器具も使わない。

料理の知識がなくてても大丈夫だから

明日すぐ真似できる。なんなら今から作れる。

 

 

 

どんな状況であっても、その中で一番良いものを食べることって

とても大事だなと思う。

「これでいいか」なんてないがしろにするべきじゃない。

 

自分の身体と向き合うこと

f:id:yuko-evp:20160828104848j:plain

 

 

「食べたものが自分の身体になっている」

っていうことをもっと意識するべきだ。

 

食べたもので身体は作られているんだ。

当たり前だけど。

口に入るものには結構気にするわりに、

入れたものがその後どうなるかを気にしていない。

知識として、

「血をつくる」とか「パワーの源」とか知っているかもしれないけれど、

自分の身体の中で本当にその通りになっているだろうか。

 

わたしは、白米や麺を食べるとお腹が重くなって、

その後すぐ眠くなるし、次の日には体重が増えています。

スープをたくさん飲んだ日も、一般的なカロリーで考えたら少ないはずなのに

なんだか身体がもったりする。

パンを食べても身体は軽い。

でも一定量以上食べると歯止めがきかなくなる。

朝にいっぱい食べるとその日は一日中食べているけど、

寝る前に食べても特に問題はない。

 

本に書いてあったりする知識は一般的なものだから、

それが全てではないと思う。

一般的というのは「大体大勢の人はそうである」という話だから。

 

 

いつ死ぬかわからない、なんてヤクザであっても他の職業であっても同じ。

明日のために今日を犠牲にしていいはずがない。

常に、いつも満足できる今日を過ごすべきだ。

満足している今日の延長線上に明日がある。

 

人生なんて、今日したことが全て。