楽しく生きる技術

楽しく生きるために必要なことは、生まれ持った資質なんかじゃなくて、楽しくするための技術だけ。人生をより良く生きる自分のための技術は、誰でも身につけることができる。元教師目線で、伝えます。

【こころ】科学の知識なんてなくてもタイムマシンは動かせる。

1年とか、長過ぎて絶えられない

f:id:yuko-evp:20160827154845j:plain

 

「1年間でこんなに・・・!!」

「毎日5分続けるだけであなたも・・・!!」

 

 

 

色々な見出しで見かけるこの言葉。

正直、1年も3ヶ月も長過ぎると思うんです。

 

いくら簡単なことでも、続けることが難しいのであって、

続けさえすれば何らかの効果があることはわかっているんです。

 

「これ、いい!始めてみよう!」という意欲が持続するのはせいぜい3日。

お酒飲んだら、1日。

三日坊主とはよく言ったものだけれど、本当に人ってつくづく飽きっぽい。

わたしも今までに色々な本やネットの情報に影響されて始めた事で、

今も続いていることは、ほぼゼロ。

悲しいくらいに続かない。

1年も続けるなんて、相当ハマらないと無理です。

その内容が簡単なことであればあるほど、成果が見えづらいから。

成果が見えないとモチベーションは下がります。

結果、続きません。

 

だから、

「簡単なことを5分だけ毎日1年間」というのは続きません。

 

 

「1つの事を1万時間やったらプロ」

「石の上にも3年」ということわざにも見られるように、

3年は1つの区切りとして考えられることが多いです。

「仕事は少なくとも3年は続けなさい」

とよく言われるのも、この法則に則っています。

1万時間を3年(1095日)で割るとおよそ9時間。

毎日9時間働けば、3年でまぁまぁ1人前ということです。

 

けれど、休みはあるだろうし、その9時間にしてもみっちり9時間

1つの事だけやってるかって言ったら、大抵違います。

同僚と雑談したり、ネットサーフィンしたり、

なんにもしてなくてぼーっとしている時間も多いんじゃないでしょうか?

 

わたしは、自分を振り返った時に、1日9時間みっちりやっているかって言ったら、

全然そうではなかったです。

色々な言い訳をつけて「ただ職場にいるだけ」の時間が本当に多かった。

 

プロと呼べるレベルになんて達していないまま、

中途半端に年数だけ1万時間経ってプロになった気でいる人のなんと多いことか。

わたしも含めて。

 

 

タイムマシンを動かして、3ヶ月後を1ヶ月後に

では逆に、早めることも可能なはず。

 

同じ時間でも、みっちりやりこめば時間は短縮できるはず。

毎日5分を3ヶ月なんて長過ぎる。

だったら、毎日15分やれば1ヶ月で同じ成果は出るはず。

もっと言えば、毎日30分やれば2週間。

1時間やれば1週間です。

 

 

続けられないことの原因はモチベーションが持続しないから。

モチベーションが持続しないことの原因は成果がよくわからないから。

1日5分じゃわからないくらいの変化しかしません。

1時間やれば、それなりの成果は目に見えます。

 

 

さて、ブログの色々なノウハウの中に、

「まずは3ヶ月間毎日更新する」

ということは、数にすると90本。

3ヶ月は長い。

今から始めたら、もう2016年が終わります。

焦る。

焦るよそれは長い。

だったら、1ヶ月に縮めよう。

90本を1ヶ月だから、1日3本。

そしたら1ヶ月で3ヶ月分の本数に辿り着く。

 

1ヶ月で3ヶ月分90本の記事を目標に書きます。

 

 

時間の使い方で、3ヶ月を1ヶ月にすることができるはずだから。

 

 

ここで、1日10本とか言えないあたり、小物感ある。